年収1200万を稼ぐ方法を教えます!今後ますます成長する高齢者向け配食ビジネスに参入するチャンス!年収1200万を稼ぐ方法を教えます!今後ますます成長する高齢者向け配食ビジネスに参入するチャンス!

まごころ弁当フランチャイズ
3つの開業メリット

  • 安定収益

    今後20年間成長する、高齢者向け配食マーケット

    受注生産によるロスの削減

    当社が培ってきた、実践的な営業ノウハウ

  • 低コスト

    2等3等立地での出店による開業資金の圧縮

    中古品を有効活用した出店コストの低減

  • 圧倒的な商品力

    管理栄養士との共同メニュー開発

    冷蔵食材主体のチェーンです

    高齢者向け配食フランチャイズ本部として自社工場を保有!

まごころ弁当事業は、継続した営業により
安定的に売上が積み上がるビジネスです

まごころ弁当事業は、継続した営業により、安定的に売上が積み上がっていきます。
立ち上げ当初の売上は大きくありませんが、営業に費やした時間に比例して上昇します。
1000品目以上、素材を活かしたクックチル方式の商品とスケールメリットを活かした価格競争力で、自信を持って営業に取り組めます。

社会に必要とされているビジネスだから、
地域密着のセールスで販路も広がる!

開業から間もなく、営業先を病院や薬局に広げました。
すると、人工透析などで食事制限を必要とする患者さんがいるとソーシャルワーカーさんから紹介を受け、その病院で働くスタッフさんも含めた大口受注に成功。

地域社会に溶け込むように営業先を裾野まで広げることで本当に必要とされている多くの方々と出会えます。

未経験でも安心してください。
直接勝てるノウハウをお伝えします。

少しでも開業後リアルをお伝えするべく、実際の店舗にて、現在活躍中のオーナーもお話させていただきます。だから勝てるのか!と納得していただけると思います。
まずはあなた自身が見て、聞いて、食べて納得してください。

こんなに社会から必要とされているビジネスが
始められるのですから今がチャンスですよ

まごころ弁当フランチャイズ加盟募集|無料資料請求はこちら

高齢者向け配食サービスの市場性

増える高齢者

2035年には3人に1人が高齢者

総務省「人口推計」によると、我が国の総人口は2016年10月1日現在、65歳以上の高齢者人口は3,459万人で過去最高を記録し、総人口に於ける高齢化率は27.3%に上昇しました。
総人口が減少する中で高齢化率は上昇を続け、2035年には高齢化率が32.8%まで上昇を続け、人口の3人に1人が高齢者と推計されています。

出典:内閣府 平成29年版高齢社会白書 高齢化の状況 高齢化の推移と将来推計
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/gaiyou/pdf/1s1s.pdf

今求められる民間事業者による在宅配食サービス

市場は拡大、今後も有望市場と予測

基本的な顧客は大きく2つで、自宅にお住まいの高齢者と高齢者施設等です。
超高齢社会を迎え、高齢者施設の増加と在宅高齢者の増加により、高齢者施設給食と在宅配食サービスの市場は拡大が見込まれています。

出典:プレスリリース メディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査を実施(2017年)~患者や高齢者の在宅へのシフトにより、在宅配食サービス市場は拡大の見通し~

株式会社 矢野経済研究所
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0452557_01.pdf

【高齢者施設給食】
2016年度の高齢者施設給食の市場規模は前年度比103.4%の9,045億円でした。有料老人ホームは施設数が増加しており、また新規建設施設は概ね給食委託で参入するところが多く、外部委託率は上昇すると考えられています。
【在宅配食サービス】
2016年度の在宅配食サービスの市場規模は前年度比106.3%の1,190億円でした。患者や高齢者の在宅へのシフトが続いており、在宅高齢者の増加により、在宅配食サービス市場は拡大する見通しです。

政府の推進する在宅医療や在宅介護といった施策を背景に、今後も高齢者施設給食と在宅配食サービス市場は有望市場であると予測されています。

まごころ弁当フランチャイズ加盟募集|無料資料請求はこちら

フランチャイズパッケージ概要

まごころ弁当にはゼロプランがあります

●保証人がいない場合は保証金が必要になる可能性があります。(審査あり)
●会費/月3万円(税抜/定額)、契約期間5年間、標準店舗規模7坪~10坪(新規出店のほか、ご自宅での開業、既存の店舗への併設も可能)
●店舗総合保険への加入
●上記の金額に店舗取得料は含まれておりません。配達用バイクはレンタルです。
●厨房機器は、中古を活用する事により削減できます。
全て揃える場合は、概ね60万円から90万円前後ですが本部からの融資制度が使えます。
●工事代も物件の状態によって150万円程度かかる場合があります。本部融資もご検討可能です。

配食業務

調理経験不問!誰にでも無理なくお取り組みいただけます。

  • 1注文の確認

    事前に注文数が決まっているので、突然の作業や作りすぎによるロスを避けられます。

  • 2食材準備

    本部が供給するチルド食材を選ぶだけです。包丁を使った仕込等はありません。

  • 3盛り付け

    加熱調理したおかずを盛り付けます。刻み食、おかゆ等特別な食事も用意します。

  • 4配食

    宅配バイクや軽自動車等で1軒1軒届けます。

日食数ごとの損益シミュレーション

エリアの競争状況と、店舗判断により利益優先の高価格帯での販売も可能!

  損益分岐(1人で事業立ち上げ) 事業安定(配達2・盛付1名雇用) 最大目安(配達7・盛付1名雇用)
日食 50   200   600  
単価 573   573   573  
売上 859,500   3,438,000   10,314,000  
食材原価 353,255 41.1% 1,413,018 41.1% 4,239,054 41.1%
粗利 506,246 58.9% 2,024,982 58.9% 6,074,946 58.9%
雑給 0 0% 600,000 17.5% 1,800,000 17.5%
家賃 80,000 9.3% 80,000 2.3% 80,000 0.8%
ロイヤリティ 0 0% 0 0% 0 0%
会費 30,000 3.5% 30,000 0.9% 30,000 0.3%
水道光熱費 20,000 2.3% 60,000 1.7% 200,000 1.9%
燃料費 12,000 1.4% 36,000 1.0% 96,000 0.9%
雑費 50,000 5.8% 150,000 4.4% 300,000 2.9%
雑費合計 192,000 22.3% 956,000 27.8% 2,506,000 24.3%
営業利益 314,246 36.6% 1,068,982 31.1% 3,568,946 34.6%
  • ※全て税抜の数値です。
  • ※単価はおかず550円、ご飯付600円、平均販売単価573円想定
  • ※販売単価は店舗側が自由に決められます。
  • ※原価率は店舗側の販売価格の設定により上下します。
  • ※この表は一定の前提条件に基づくものであり、利益を保証するものではないことをご了承ください。

営業業務

地域を統括するケアマネージャーとの関係づくりが食数を増やします。

ケアマネージャーとは

介護保険制度の中枢を担い、介護を必要とする人と、福祉、医療、保健のサービスとを結ぶ「架け橋」となる重要な役割を担っています。

お弁当の注文に至る流れ

①配食希望者やご家族の方がその地区のケアマネージャーにサービスの申請、相談をします。

②相談を受けたケアマネージャーはそのニーズに合わせ、自身が知っている配食業者を紹介します。

地域内のケアマネージャーへの認知度アップが食数を伸ばすカギになります。
個人宅を訪ね歩く営業はありません。

まごころ弁当フランチャイズ加盟募集|無料資料請求はこちら

よくあるご質問

「まごころ弁当」にはどのようなメニューがありますか?

小食の方に向けた「小町」/一般のご高齢者様に向けた「普通食」/カロリー、塩分計算が必要な方に向けた「カロリー調整食」/たんぱく質の摂取計算が必要な方に向けた「たんぱく調整食」/食材を細かく刻んで食事をとっている方向けの「やわらか食」/嚥下困難な方に向けた「ムース食」

以上6種類のメニューを用意しています。

今後競合が増えてきたときの差別化は?

現在の市場環境は良好です。業界全体、どの会社でも伸びる状況下にあります。
しかし将来的には「味」「価格」「サービス」での差別化をしなければうまくいきません。
弊社では、これについて奇策はないと考えています。
正攻法(店舗数を背景にした、仕入れ力。管理栄養士、工場への投資(レベルアップ)品質、営業ノウハウの研磨)をやりぬくだけだと考えています。

標準となる坪数はどのくらいですか?

7坪~10坪。開業時は最低で6坪程度でも始められますが、食数の増加を視野に入れると、作業スペースの確保からそれ以上の店舗をお勧めしております。

食材・備品等はすべて本部から供給されますか?

その通りです。厳正な本部基準をクリアしたもののみ、供給されます。

資金調達に関するアドバイスも行って頂けるのですか?

もちろんです。リース活用等も必要に応じてご相談にのります。

資料請求後にご参加頂く説明会では、更に色々な質問にお答えさせて頂いております。

まごころ弁当フランチャイズ加盟募集|無料資料請求はこちら

先輩オーナーの声

  • ※表現はオーナーのインタビューを基にしており、利益を保証するものではない事をご了承下さい。
  • ※開業には別途、物件取得費がかかります。
    (さらに、厨房新設や物件の工事状況によっては、別途150万円程度かかる場合があります。)

独居の方や老夫婦を守る!男所帯の会社ですが、皆が本気で取り組む価値のある価値ある仕事です。

斎藤 昭彦オーナー

まごころ弁当 宇部・山口店

半導体のライン工場でライン長として勤務。工場の閉鎖に伴い、次のステップを考えた時に正社員として再就職するよりも、独立して活路を見出したいと思い、2013年5月に工場仲間とまごころ弁当を開業。

3年前に工場が閉鎖し、次の人生を考えた時、地域貢献ができる仕事がしたいと思った。

22年間務めた半導体製造工場。工場が閉鎖となり次のステップを考えた時、再就職して働く道よりも独立して生まれた町に貢献できる仕事がしたいと考えました。私の町、宇部も高齢化が進み「どうすれば皆が暮らしやすくなるのか?」そんなことを考えながらヘルパー2級の資格を取得し、役所などで情報収集をしながら様々なビジネスを模索していました。そんな時に見つけたのが高齢者向け配食サービスです。宇部にはなかったビジネス。「これなら地域にも貢献でき、ニーズがあるのではないか?」と思いました。自ら調べ各社の説明を受けに行きました。事業の仕組みもさることながら、自由度が高かったのがまごころ弁当。心はもう決まりました。

まず実際の現場を自分の目で確かめたい。
私は近隣のオーナーに会いに出かけました。

説明会の場で高齢者向け配食サービスの市場性や強みは理解できました。ですが、「本当に投資に見合ったビジネスとして成立するのか?」そこを確かめたくて近隣にあるまごころ弁当のオーナーに会いに出かけたのです。厨房の雰囲気、働いている人々の様子を自分の目で確認し、オーナーとの意見交換で、「これなら成功できる。」と確信を持ちました。スタートは工場時代の仲間と2名体制。始めは食数も少ない中で不安もあり、休めない状態から心が折れそうになったこともあります。でも、そんな自分たちを励ましてくれたのがご利用者様です。「大丈夫?ちゃんと寝てる?」「あなたに会うのが楽しみ」と。本当にありがたかったですね。

2名で始めたビジネスも今では11名に。
1年後には株式会社を設立しました。

開業当初は日に20~30食。でも今は300食強をお届けしています。食数が一挙に伸びたのは、お弁当の味もさることながら配達する人間とご利用者様の信頼関係がきちんと築けた結果です。1年後には、工場仲間がさらに増え思い切って株式会社を設立しました。男ばかりの所帯ではありますが、厨房の綺麗さと痒いところに手が届く見守りサービスには絶対の自信がありますね。若いスタッフなどは孫のように愛されて大評判!ご利用者様の中には認知症の方もいますから、ケアマネージャーさんとの連携も欠かせません。将来的にはもっとエリアを拡げて、地域に貢献し社員たちに高給を払えるように力を合わせていきたいと思います。

利益率を意識して業務効率を高める!自分の工夫次第で収益は上がります。

下田 康夫オーナー

まごころ弁当 福知山店

スーパーの販売員から企業へ制服を卸す会社へ転職し7年。様々なお客様との出会いから独立心が芽生え2011年9月にまごころ弁当を開業しました。

利益率が高い!
そこが決め手で独立開業を果たしました。

人と接する仕事は長年行ってきましたが、営業職についてみて初めて自分の中に独立心が芽生えました。「どの業界にしようか?」迷いの中で自分が譲れなかった条件は、自分の予算内の資金であること、そして利益率の高さです。まごころ弁当を見つけた時に思ったのは、全くの未経験でもスタートできる点と利益率が高かったから。「起業するからには損失を出したくない。」その思いが強かったですね。調べてみたら丹波にもまごころ弁当があり、早速見学に行きました。マーケット規模からみても福知山とほぼ同格。「ここで成功できるなら。」と開業を決意しました。

開業から1年半、妻と二人三脚での経営
本当に心から感謝しています。

開業から間もなくは厳しい状態でしたね。福知山は給食センターの力が強く、新規参入の私たちではケアマネージャーさんも相手にしてくれませんでした。この間、平日は妻に手伝ってもらい一緒にお弁当を詰めて、私が配達している最中の電話対応をしてもらう。そして夜間は、派遣として別の仕事と掛け持ちしながらしのぎました。軌道に乗り始めたのは1年半経ってから。妻には抜けてもらい、パートを雇って平準化することに成功しました。リーフレットを調剤薬局に置かせてもらったり、ポスティングしたり。色々とやりましたよ。昨年になってようやく市の指定業者の選出が入札になってみごと勝ち取ることができました。

経費を圧縮してどれだけ利益率を上げるか?
私は業務の効率化に舵を切りました

会社員時代との一番大きな違いは、利益率を重要視するようになったこと。どんなに売上が上がっても、食材のロスやガソリン代、人件費がかさんでは経営は成功しないと考えました。まず、食材のロスを少なくするために、私は発注業務にたっぷり1時間は費やして徹底管理を行っています。また、配達ルートの効率化や人員配置の適正化を図りお弁当が出来上がった順からパートさんに配達していただくことにしたのです。すると人件費もガソリン代も大幅削減に成功!自分の工夫次第で経費は圧縮できると自信をもちました。

まごころ弁当フランチャイズ加盟募集|無料資料請求はこちら

オープンまでの流れ

店舗オープンまでしっかりサポートします。

無料資料請求フォーム

ご用件必須
お名前必須
郵便番号
ご住所必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ等

無料説明会参加希望の場合、2~3参加希望日程をお願いします。
こちらからご連絡させて頂きます。