ご希望のお弁当/食材の種類から探す
  • ご自宅のお弁当
  • オフィス向けのお弁当
  • 施設向けの食材
  • お子様向けのお弁当
【毎月更新!】 まごころコラム 最新記事一覧へ戻る

宅配弁当を実際に注文してみた!味や見た目、メリットとは?

宅配弁当を実際に注文してみた!味や見た目、メリットとは?

「宅配弁当は便利だけど、味はどうなの?」「高齢者向けってことは味気ないんじゃない?」このようにお考えで宅配弁当の注文を踏みとどまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?実際はどうなのか検証すべく、無料試食サービスに申し込んで宅配弁当を食べてみました!お弁当の見た目や味のレビュー、サービスを使ってみてどうだったかなど感想をお伝えします!

まごころ弁当の無料試食申し込み方法

無料試食サービスの申し込みには特別な契約は必要なく、店舗に電話をかけるだけで簡単に申し込みができます!

<無料試食サービス申し込みの流れ>
(1)ホームページからお住まいの地域にある店舗を検索します。

(2)配達希望日の前日までに店舗へ電話をかけます。その際に、以下の情報が聞かれます。
 ①お届け先の氏名、住所、電話番号
 ②配達希望日
 ③時間帯(昼食、夕食のどちらか、もしくは両方)
 ④お弁当の種類
 ⑤アレルギーやおかゆ、きざみ食など特別な希望

※ホームページの無料試食サービス申し込みフォームからでもご注文できます!!

(3)指定した場所に配達されます。

お弁当の種類

まごころ弁当では6種類のお弁当が用意されています!

普通食 和食が中心の一般のお年寄り向けお弁当。
カロリー調整食 カロリー、塩分計算が必要な方向け。和・洋・中バランスの良い献立。
たんぱく調整食 たんぱく質の摂取制限がある方向け。
ムース食 食べ物を噛むことや飲み込むことが困難な方向け。
小町(小・大) 美味しさをそのままに低カロリー低塩分のお手頃なお弁当。
やわらか食 凍結含浸法で食材そのものの見ためのまま柔らかく調理されたお弁当。

今回は普通食とたんぱく調整食を試してみることにしました!

お弁当が届きました!
お弁当が届きました!
指定した日時にお弁当を届けていただきました。配達のスタッフの方が、ご丁寧に容器のままレンジで温められることを説明してくれました。早速いただきます!

普通食 

普通食 
普通食 

・ご飯
お米はすべて国内産を使用しているため安心して食べられます。普段食べているお米と遜色のない美味しさです。

・白身魚フライ
お年寄り向けのお弁当、というとヘルシーで味気ないイメージですが、揚げ物も食べられるのは嬉しいと思います。手をつける前からソースがかかっていたので、何もつけずにそのまま美味しく食べられました。

・小松菜の炒り菜
油揚げと小松菜の炒め物です。程よい塩分量で素材の味が十分に感じられました。小松菜のしゃきっとした食感が楽しく、箸が進みます。

・糸コンと鶏肉の煮物
鶏肉は筋があったり硬くなりやすい食材ですが、こちらは鶏そぼろを使っているので柔らかく食べやすいおかずです。人参が彩りを添えており、こちらも柔らかく煮てあるのでお年寄りの方が食べやすいように工夫されています。味付けは出汁の旨みを感じ、優しい味でした。

・付け合わせ
さつまいもの煮物は、メニューに付け合わせと表記されています。舌で潰せるほど柔らかく煮てあります。さつまいもの甘さとバターのコクがとても美味しく、デザート感覚で食べられるのが嬉しい1品でした。

総評

お年寄り向けのお弁当というとあっさりとしたメニューで薄味、ボリュームが少ない、などのイメージがありましたが、実際に注文してみて、揚げ物が入っていることに驚きましたし、程良い塩味や出汁の旨みで味気なさは感じませんでした。また、野菜中心のおかずですが、お弁当1つと主食のご飯で十分に満足感を得られました。こちらのお弁当は普通食ですが、一般のお年寄り向けなので食材がどれも食べやすい柔らかさです。かと言って全てが柔らかすぎず適度に食感が残ってあるので、食感の違いを楽しむこともできます。

たんぱく調整食

たんぱく調整食
たんぱく調整食
たんぱく調整食

たんぱく調整食は腎臓の機能が低下している方向けのお弁当です。正常の腎機能であれば、たんぱく質が代謝されてできる身体にとっては有害な老廃物を排出することができますが、機能が低下した腎臓は老廃物を排出することができずに蓄積してしまいます。そのため、腎臓病の場合にはたんぱく質の摂取量を制限する必要があるのです。たんぱく質を制限するとその分エネルギー量、つまり食事の総カロリー量が減ってしまいます。エネルギー量が減ると身体の中のたんぱく質が分解されてたんぱく質を食べていないのにも関わらず身体にとって有害となる老廃物が生まれてしまうため、エネルギー量は不足しないようにすることが大切です。エネルギー量はたんぱく質が含まれない糖分や脂肪で補うことができます。腎臓の機能が低下している方の食事ではさらに食塩の摂取量を基準内に収まるよう制限したり、必要に応じてカリウムの摂取量を制限したりする必要があります。

・さばの味噌煮
メインのさばの味噌煮はお箸がスッと通るほど柔らかく、脂が乗った食べごたえのあるさばを使用しています。骨はしっかりと処理されており、お年寄りの方でも安心して食べられます。味付けは低塩分とは思えない程ちゃんとした塩気を感じられ、ご飯にとても合います。付け合わせの蓮根はシャキシャキとした歯ごたえを残しながらも柔らかく煮てあるので食べやすいです。酸味のある味付けでさっぱりしているので、こってりとしたさばにぴったりの付け合わせだと思いました。

・ポテトサラダ
玉ねぎ、人参が入ったポテトサラダです。じゃがいもは潰しすぎず形が残っており、食感を楽しむことができます。玉ねぎの食感もアクセントとなっていて美味しいです。

・マーボー茄子
たんぱく調整が必要な方は、その分カロリーを摂取する必要があるので副菜にも油で調理したおかずが添えられています。辛味は全くないので、辛いのが苦手な方でも問題なく食べられます。

・豚肉とキャベツの炒め物
見た目からは全く味が想像できませんでしたが、なんとこちらはバジルで味付けされていました。胡椒も効いていて食べたことがない味付けにびっくりしました。自分では考えつかないメニューですね。洋風な味付けですが、程よい塩味でご飯にも合います。

総評

たんぱく質を制限した食事は普段なかなか食べることが無いのであまりイメージが湧きませんでしたが、普通食と変わらない見た目、美味しさで安心しました。たんぱく質を制限すると摂取エネルギー量が不足しがちになってしまいますが、栄養士によって考えられて食材を調理しているので、314kcalと一食分としてはちょうどいいエネルギー量となっています。しかも、塩分制限をすると味気なくなってしまいがちですが、こちらは塩分量が1.3gとは思えないくらいちゃんと味を感じて、ごはんが進みました。自宅でこの塩分量でしっかりした味付けにするのは難しいと思います。

実際に注文して分かった宅配弁当のメリット

宅配弁当の豊富なメニュー

実際に食べてみて、「お年寄りのお弁当」という先行したイメージは見事に覆され、美味しくいただきました。味はもちろん栄養バランスやカロリーなど栄養士が考えたメニューなので、外出せずとも手軽に健康的な食事を摂ることができる宅配弁当はお年寄りにとってこの先無くてはならないサービスだと思いました。また、自分や家族の調理だけではメニューや味付けは決まったものに偏りがちになってしまいますが、宅配弁当のメニューから自分では考えもつかなかった味を知ることができました。宅配弁当を参考に家庭の味に新しい風をもたらすきっかけとなることは新しい発見でした。

簡単注文で便利な宅配弁当

お年寄りが買い物をして重たい荷物を持って帰って、調理をして後片付けをして、というのは大変なことです。その点宅配弁当は買い物の手間も減らせますし、容器も使い捨てではなくしっかりとしたお弁当箱になっているため、ごみが増えることもありません。また、栄養バランスや塩分やカロリー制限を考えて食事を作るのは手間もお金もかかりますが、電話1本で宅配弁当を1つ頼めば負担を軽減することができますし、栄養バランスやカロリー計算がされた健康的な食事を食べることができるのはお値段以上のお得感だと思いました。

家族が安心できる宅配弁当

一人暮らしや夫婦のみで子供と離れて暮らすお年寄りの場合は、食事を簡単に済ませてしまうことが多くなり栄養バランスが偏りがちになります。そんな時、配食サービスを利用していると、しっかり食べていることが分かるため、家族も安心できます。ホームページに掲載されているメニューを見ると、どれも美味しそうで工夫を凝らした品々なので飽きずに続けられると思います。

まごころ弁当試食サービスまとめ

介護食は美味しく調理して毎日継続していくことが大切です。しかし、食材選びや調理に手間がかかることが多く、毎日の食事作りは介護者にとって負担になりがちです。そのため、栄養バランスやエネルギー量に配慮した宅配弁当や冷凍食品をうまく取り入れることで介護負担の軽減をすることにも繋がります。

まごころ弁当では、一般のお年寄りに向けたお弁当だけではなく食事制限がある方に対応した様々なお弁当も用意されており、摂食機能によって食事の形態を変更するなど、一人ひとりの事情に合わせて届けてもらうことも可能です。この機会に是非無料試食サービスをお試しください。

記事一覧へ戻る