ご希望のお弁当/食材の種類から探す
  • ご自宅のお弁当
  • オフィス向けのお弁当
  • 施設向けの食材
  • お子様向けのお弁当
【毎月更新!】 まごころコラム 最新記事一覧へ戻る

特別養護老人ホームの費用はどのくらい?払えない人のための減免制度も解説

ご家族が高齢になり、介護が必要になってくると、特別養護老人ホームへの入居を考える方もいらっしゃるでしょう。しかし特別養護老人ホームの費用がいくらかかるのか知っている方はあまり多くありません。この記事では、「特別養護老人ホームの費用相場」から「費用の軽減方法」まで解説するので、ぜひ参考にしてください。

特別養護老人ホームの費用相場

特別養護老人ホームには初期費用や入居一時金がかかりません。かかるのは部屋のタイプや要介護度で金額が異なる「施設介護サービス費」と「居住費」、「食費」、「日常生活費」を合計したものとなります。

以下で月々にかかる合計金額を表にしました。

従来型個室 多床室 ユニット型個室
要介護1 92,610円 83,310円 119,580円
要介護2 94,650円 85,350円 121,590円
要介護3 96,750円 87,450円 123,780円
要介護4 98,790円 89,490円 125,790円
要介護5 100,770円 91,470円 127,800円

参考:【料金相場】特別養護老人ホームの費用を解説|みんなの介護

他施設の費用との比較

高齢者施設には社会福祉法人などが運営する公的施設と、民間企業が運営する民間施設があります。料金の形態も異なり、民間施設は介護保険対象外のサービス費や上乗せで介護費がかかる場合があり、公的施設よりも金額が高くなってしまいます。

表では「特別養護老人ホーム」と「ケアハウス」が公的施設で、あとはすべて民間施設となります。

特別養護老人ホーム ケアハウス グループホーム サービス付き高齢者向け住宅 住宅型有料老人ホーム 介護付き有料老人ホーム
入居時費用 0円 数十万〜数百円 0〜数百万円 0〜数十万円 0〜数千万円 0〜数億円
月額利用料 8万〜13万円 15万〜30万円 15万〜30万円 10万〜30万円 15万〜35万円 15万〜35万円

参考:老人ホームはいくらかかる?料金を種類ごとに比較|LIFULL介護

特別養護老人ホームの費用内訳

特別養護老人ホームでは「施設介護サービス費」、「居住費」、「食費」、「日常生活費」がかかり、その合計を月額で支払います。施設介護サービス費は部屋のタイプや要介護度によって金額が決まります。介護サービス費が加算される場合もあります。

次の章で詳しく解説しますので参考にしてください。

施設介護サービス費

施設介護サービス費は、入居する方の要介護度で金額が決まります。要介護度が高くなるにつれて金額も上がり、部屋のタイプでも金額がそれぞれ異なるので、家族の要介護度と部屋のタイプについても事前に話し合っておくことをおすすめします。

部屋のタイプには1部屋をひとりで使う個室と、複数人で共有して1部屋を使う多床室があります。また、1部屋をひとりで使い、ダイニングなどを10人ほどで共有して使うユニット型というタイプもあります。

特別養護老人ホームは要介護3から入居できますが、要介護1・2でも「日常生活に支障が出るほどの認知症や精神障害などを持っている場合」などは特例で入居できることがあります。

居住費

居住費は特別養護老人ホームの「家賃」にあたる費用です。居住費の金額は国から「基準費用額」が定められていますが、部屋のタイプによっても金額など異なるので注意が必要です。

有料老人ホームでは自分でベッドなどを用意しなくてはなりませんが、特別養護老人ホームでは部屋に準備されています。自分で用意する手間がいらないので入居するのにも身の回り品を準備するだけで済みます。

施設介護サービス費にしても居住費にしても利用者によって金額が変わるので、入居を検討している家族の要介護度と希望の部屋のタイプを想定し、月々にかかる金額を事前に計算しておくとスムーズです。

食費

食費も居住費と同じく国から「基準費用額」が決められています。食事は1日3食提供されますが、外出や外泊をして食事を食べなかった場合でも支払う金額は変わらないので注意が必要です。ただ、外泊が数日に渡る場合は食事を止めることもでき、その場合は料金も取られません。旅行や家に数日戻る場合は事前に連絡を入れ手続きしておくとよいでしょう。

アレルギーや食べられないもの、喉を通らない場合なども対処してくれるので、入居する際は事前に施設へ伝えておくとスムーズです。施設によっては月間の献立を見せてくれる場合があるので、心配な方は施設に問い合わせて献立を見せてもらうとよいでしょう。

日常生活費

日常生活費には、医療費やレクリエーションの際にかかった金額などが含まれます。髪を整えるための理美容代や被服費、お菓子なども日常生活費として毎月請求されます。ただし、クリーニングを必要としない私服の洗濯や、おむつ・尿取りパッド代は施設側が負担してくれます。

レクリエーションは認知症にも効果があるとされ、「トレーニング」と感じることなく楽しく体や頭を使うことができるように工夫されています。内容も歌を口ずさむときもあれば、簡単な配膳や食器洗いなど家事をしてみたり、手芸や工芸で何かを作ったり、手足を使ってできる簡単な体操までいろいろあります。

介護サービス加算

介護サービス加算は、設備や職員の配置などの体制によって基本料金に加算される金額のことです。一般的には、加算が多ければそれだけ手厚いサービスを行なっていると考えられます。

個別機能訓練加算 理学療法士や言語聴覚士などを1名以上配置し、利用者にあった個別機能訓練計画のリハビリを行う施設で加算されます。
夜勤職員配置加算 たんの吸引などができる認定特定行為業務従事者の介護職員を配置している施設で加算されます。
看取り介護加算 回復の見込みがないと医師に判断された場合、介護計画を作成し、利用者やその家族の同意を得たうえでの介護を行ないます。
サービス提供体制強化加算 介護福祉士を配置する人数や勤続年数によって加算されます。
介護体制加算 看護師の人数によって加算されます。

特別養護老人ホームの費用は年金だけでまかなえる?

特別養護老人ホームでは入居一時金がかからず、月に発生する費用は8万〜13万円程度の金額になります。年金は2ヶ月に一度給付されますので、まずはいくら年金の給付額があるのか把握しましょう。

厚生労働省の発表によると、平成29年度末の年金の受給平均は、厚生年金は約147,000円、国民年金は約56,000円になります。国民年金だけで特別養護老人ホームを支払うのは難しいですが、厚生年金の受給者ならば特別養護老人ホームの金額を十分まかなえます。

もし年金だけでまかなえない場合は、生活保護を受けることで特別養護老人ホームに入居できる場合もあります。生活保護が難しくても、特別養護老人ホームでは所得や資産が少ない方は、月々の金額も優遇してもらえます。

参考:平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況

特別養護老人ホームの費用を軽減する制度

特別養護老人ホームでは、利用者が月々に支払う負担額を減らすために「社会福祉法人などによる利用者負担の軽減制度」や、利用者の収入や資産によって負担額が減らせる「特定入所者介護サービス費」があります。

ほかにも、「高額介護サービス費」という補助金が自治体から出る場合があります。次の章で詳しく解説しますので参考にしてください。

社会福祉法人などによる利用者負担の軽減制度

特別養護老人ホームや訪問介護などを利用する場合、一定の低所得者の利用負担額が軽減される制度です。介護サービス費自己負担額などの1/4や1/2が軽減されます。対象者は、「年間収入が単身世帯で150万円以下」や「預貯金の額が単身世帯で350万円以下」、「介護保険料を滞納していない」など条件があるので確認しましょう。

申請の方法は、
・社会福祉法人等利用者負担額軽減対象確認申請書
・介護保険被保険者証
・収入申告書
・世帯全員の収入や資産、扶養状況が確認できる書類
などを自治体に提出して申請します。

申請後は「社会福祉法人等利用者負担軽減対象決定通知書」が届き、「社会福祉法人利用者負担軽減確認証」が交付されます。この確認証を介護サービスを受ける際に提示すれば負担額が減らせるので、対象者はぜひ利用してください。

特定入所者介護サービス費

特別養護老人ホームの利用者は年金の受給額などに応じて「利用者負担段階」が決まります。この段階によって負担限度額が決まり、これを越えると介護保険から超過分が支給されます。負担限度額を表でまとめましたので参考にしてください。

第1段階は、生活保護受給者・老齢福祉年金受給者で、世帯全体が市民税非課税になります。第2段階は、世帯全体が市民税非課税で所得金額と課税年金収入額が80万円以下の方が対象です。第3段階は、第2段階に該当せず市民税課税層における特例減額措置の適用を受けた方になり、第4段階は住民税課税世帯の方になります。

申請の方法は、介護保険負担限度額認定申請書や通帳の写しを各市区町村に提出します。

多床室 従来型個室 ユニット型個室 食費
第1段階 0 9,600円 24,600円 9,000円
第2段階 11,100円 12,600円 24,600円 11,700円
第3段階 11,100円 24,600円 39,300円 19,500円
第4段階 25,200円 34,500円 59,100円 41,400円

高額介護サービス費

介護保険の対象となるサービスの中で自己負担額が1ヵ月で定められた限度額を超えた場合に、超過分が支給される制度です。2017年から内容が新たに改定されましたので、すでに知っていた方も再度確認しておきましょう。

申請の方法は、利用月の3ヵ月後に通知書が自治体の判断で送付されるので、それを記入し、
・高額介護サービス費支給申請書
・介護保険被保険者証の写し
・介護保険サービスの領収書
を市区町村に提出します。

自治体が判断して通知書を送ってくれるので、利用者が調べて申し込む、という訳ではありません。ただ、申請時に介護保険サービスの領収書が必要になりますので、利用する場合、約3ヵ月分の領収書は保管しておいた方がよいでしょう。

まとめ

特別養護老人ホームの費用の内訳や、費用を軽減する制度などを紹介してきました。厚生年金の受給者なら年金だけで特別養護老人ホームの費用をまかなうこともできますが、やはり月々8万〜13万円の出費になってしまいます。

在宅介護でもさまざまな介護サービスが受けられるため、要介護度の低い方や、費用の負担が難しい方は検討されてみてはいかがでしょうか。

まごころ弁当は食事面で在宅での介護生活をサポートします。原材料にこだわり、栄養バランスが充実したお弁当を配達してくれるので、ご高齢の方でも安心・安全に考慮した食事ができます。メニューも豊富なため好みや体調にあったお弁当が食べられます。無料試食も行なっていますので、この機会にぜひご利用をご検討ください。

記事一覧へ戻る