ご希望のお弁当/食材の種類から探す
  • ご自宅のお弁当
  • オフィス向けのお弁当
  • 施設向けの食材
  • お子様向けのお弁当
【毎月更新!】 まごころコラム 最新記事一覧へ戻る

健康型有料老人ホームとは?入所基準とメリット・デメリット

健康型有料老人ホームとは?入所基準とメリット・デメリット

有料老人ホームには種類があり、なかには心身ともにまだ健康な方が入居する健康型有料老人ホームもあります。今は健康でも、将来のことを考えて有料老人ホームへの入居を検討している方にとっては、ぴったりの施設といえるでしょう。

ここでは、健康型有料老人ホームのメリットやデメリット、入居基準を解説します。
健康型有料老人ホームへの入居を検討している方や、入居のうえで気をつけるべきことを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

健康型有料老人ホームとは?

健康型有料老人ホームは、民間の事業者が運営している有料老人ホームです。食事や家事手伝いなどの日常的なサービスを受けられるのが特徴ですが、基本的に介護が必要でない自立している方、または要支援状態の方しか受け入れていません。そのため入居当時は自立していた方でも、入居後に認知症になるなど介護が必要となった場合は、退去することになります。

一般的に日本では、要介護状態の方やご家族は、有料老人ホームへの入居を希望される傾向が高いです。一方、介護の必要ない方のみを受け入れている健康型有料老人ホームは一時入居金が高額なこともあって、全体的なニーズが低く、施設数も少ないのが現状です。

「サービス付き高齢者向け住宅」との違い

健康型有料老人ホームと同じように、日常生活に必要なサービスを受けられる施設に「サービス付き高齢者向け住宅」があります。

健康型有料老人ホームが民間事業者の運営する施設であるのに対して、サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省と厚生労働省が共同で管理する賃貸住宅です。健康型有料老人ホームは、介護の必要がないのが入居条件となりますが、サービス付き高齢者向け住宅はある程度の介護や支援が必要な方の受け入れも行っています。

健康型有料老人ホームのメリットなど

健康型有料老人ホームへの入居を検討する前に、覚えておきたいメリットとデメリットを順に解説します。

メリット

健康型有料老人ホームは、日常生活を楽しむためのレクリエーションや設備が充実しています。さらに、家事などの日常生活に必要なことはすべてサービスとして受けられるため、時間は自分の人生を楽しむために使えます。悠々自適なシニアライフを満喫できるでしょう。

また、今は健康でも将来自分の体に対する不安を持っている方も少なくありません。健康型有料老人ホームであれば、要支援状態になっても介護サービスが必要でなければ日常生活に必要なサービスは受けられるため、将来的な生活への不安を解消できる要素にもなります。

そして、健康型有料老人ホームなら専門家による見守りが提供されますので、離れて暮らすご家族も安心できます。

デメリット

健康型有料老人ホームは、基本的に自立して生活できる方を受け入れている施設です。そのため、入居後に介護が必要になると退去しなければなりません。

また、費用が全体的に高い傾向にあるのも覚えておきましょう。一時入居費用のほか、毎月の食費や水道光熱費、サービス費を含めた利用費用も発生します。さらに、自分が元気なうちから入居する施設のため、トータルでの入居期間が長くなり、その分だけ多くの費用負担が発生することになります。

一部の要介護者を受け入れている健康型有料老人ホームの場合は、要介護度が高いと介護サービス費用も割高になります。元々、健康型有料老人ホームは全体的な施設数が少なめです。そのため、入居を希望していても、なかなか施設に空きが出ず、希望してすぐに入れるわけではありません。

健康型有料老人ホームの入所基準

健康型有料老人ホームは、基本的に自立している人を受け入れている施設ですが、入居基準は施設ごとに異なります。

年齢 介護サービスを利用しないことが前提のため、60歳以下でも入居できるところもあれば、都合上65歳以上を入居基準としている施設もある。
介護レベル 自立~軽度の要介護度で、基本的に介護を必要としていない方を受け入れている。
認知症の有無 基本的に認知症の方は受け入れていない。
共同生活 必ずしも共同生活が必須ではない。
収入や資産 入居一時金や利用費をきちんと支払えるかはチェックされる。

※左右にスクロールします

健康型有料老人ホームの施設やサービス

健康型有料老人ホームでは、具体的にどのような施設やサービスが提供されているのかを解説します。

充実した施設

健康型有料老人ホームは、アクティブなシニアライフを楽しむための施設が充実しているのが特徴です。トイレや浴室、キッチンなどがそろった居住スペースに、リビングや食堂、売店などの共同スペースがあります。いずれの場合も、一般的な有料老人ホームよりも広めの面積を取っている施設が多いです。

なかには、温泉やジム、プールなどのスポーツ施設から、図書館や映画館、カラオケなどの趣味まで楽しめる健康型有料老人ホームもあります。

受けられるサービス

健康型有料老人ホームでは、食事や掃除、洗濯といった日常生活でのサポートや、専門スタッフによる見守りが受けられます。これに加えて、スポーツや趣味のイベント開催、サークル活動などのレクリエーションに関するサービスも充実しているのが特徴です。

さらに施設近隣の医療施設と提携したうえで、医師や看護師による定期的な健康チェックや、病気になった場合は必要に応じた治療も受けられる体制を整えているところも多いです。

健康型有料老人ホームの費用

健康型有料老人ホームへの入居を希望する場合、気になるのが費用です。ここでは、費用について解説します。

一時入居金の償却について

健康型有料老人ホームを利用するうえでは、利用する権利を得るために最初に一時入居金を支払わなければいけません。一時入居金は高額になる傾向にありますが、一定期間以内に退去した場合には、償却期間と償却率に基づいて、入居者本人またはご家族は返還金が受け取れます。

一時入居金は、一定期間分の家賃の前払い分にあたり、入居期間によって毎月償却されていきます。一方で入居時点で一定割合を償却し、その後残りの割合を毎月償却していく償却率を定めている施設もあります。

ただし、健康有料老人ホームの一時入居金の償却期間と償却率については法律によって定められているわけではないため、施設によって償却期間は3~10年とかなり幅があります。さらに、入居申込金などが初期費用として含まれることがありますが、償却の対象となるのは一時入居金のみです。

月々かかる費用

健康型有料老人ホームは、支払い能力に応じて月々に10~40万円ほどの費用がかかります。さらに、趣味や日常生活を充実させるサービスも豊富なため、施設によって提供している設備やサービスは多種多様です。場合によっては、オプションで付帯サービスを選べることもあります。

実際にかかる費用は、利用するオプションやサービスの内容、施設によって異なります。月々の負担金額については、必ず利用する施設に確認するようにしましょう。

入所難易度はどれくらい?

健康型有料老人ホームは、要介護の方は入居できず、あくまで自立している方を対象としています。そのため、全体的な施設数がほかの種類の有料老人ホームよりも少なく、入所しにくいイメージがあります。しかし、入所費用自体が高額で対象者が限られるため、条件を満たしていれば、要支援型施設よりは入所することは難しくないとも言えます。

健康型有料老人ホームのまとめ

自分らしく余生を過ごしたり、離れた家族に心配をかけたりしないために健康型有料老人ホームへの入所を検討する方も増えてきました。
健康型有料老人ホームは費用がかかりますが、充実した設備とサービスで豊かなシニアライフを送ることができるでしょう。

老人ホームに入るほどではないけれども、食事の手間だけでも楽になりたい人はまごころ弁当の利用はおすすめです。
毎日でも、週に設定した回数だけでも注文が可能ですし、実際に召し上がる方にあうようお弁当の種類も豊富です。無料試食も行っているので、気軽にお試しください。

記事一覧へ戻る