ご希望のお弁当/食材の種類から探す
  • ご自宅のお弁当
  • オフィス向けのお弁当
  • 施設向けの食材
  • お子様向けのお弁当
【毎月更新!】 まごころコラム 最新記事一覧へ戻る

施設や在宅介護についてのサービス比較や解説

施設や在宅介護についてのサービス比較や解説

高齢のご家族が介護を要する状態になったとき、在宅での介護を考えている方も多いでしょう。

ここでは、在宅介護を検討している方に向けて、在宅介護と施設介護の違いや概要、利用できるサービスの内容について解説します。それぞれのメリットとデメリットを把握したうえで、ご家族の介護に役立ててください。

施設介護と在宅介護の違い

在宅介護とは

在宅介護とは、要支援者や要介護者が老人ホームや介護施設へ入居することなく、自宅で介護を受けるスタイルを指します。ご家族による介護のほかにも、訪問介護サービスや通所介護サービス(デイサービス)、短期入所介護(ショートステイ)サービスを利用する方法があります。

施設介護とは

要支援者や要介護者が自宅以外で介護を受けるスタイルは施設介護と呼ばれます。施設介護では、介護保険を利用する「特別養護老人ホーム(特養)」や「介護老人保健施設(老健)」などに入所して介護サービスを受けます。

違いは、特別養護老人ホームは介護サービスを受けながら生活するための施設であり、介護老人保健施設はリハビリをしながら在宅復帰を目指す施設であるという点です。

在宅介護のメリット・デメリット

ここでは、在宅介護のメリットとデメリットのそれぞれを解説します。

在宅介護のメリット

在宅介護の大きなメリットとして、まず介護の必要な方が住み慣れた自宅で安心して過ごせるという点が挙げられます。施設従事者はもちろん介護のプロであり、充実したサービスを提供してくれる場所ではありますが、自宅でご家族に囲まれて過ごす安心感は格別といえるでしょう。

在宅介護は施設に入所するよりも費用が低額で済む点もメリットです。自宅をバリアフリーに改装するためには費用がかかりますが、施設への入所費用や月額料金と比べると費用を抑えることができます。

もちろん、ご家族だけでは手が回りきらないこともあるでしょう。そうした場合にはデイサービスやヘルパーをお願いするなど、必要に応じて柔軟に在宅介護サービスを利用することもできます。

在宅介護のデメリット

在宅介護の最大のデメリットは介護するご家族に大きな負担がかかる点です。介護が長期間に渡って続いたり、要介護の度合いが高かったりすると、ご家族の身体的、あるいは精神的な負担がより大きくなります。また、働くことが難しくなることによって経済的な負担もかかってきます。

また、介護のプロではないご家族にはできることに限界があります。介護の必要な方が重度の認知症を患ってご家族のことが分からなくなってしまった場合などです。認知症患者への対応のノウハウを持っていないと、例えば行方が分からなくなってしまった家族の緊急時に対応ができないなどの可能性もあります。

ご家族による介護だけでは充分なケアが行き届かず、介護の必要な方が寝たきりになってしまうリスクもあります。

施設介護のメリット・デメリット

ここでは、介護の必要な方を施設介護で介護してもらう場合のメリットとデメリットを解説します。

施設介護のメリット

施設介護の最大のメリットは、医療従事者や介護の専門家などプロによる24時間体制の介護サービスが受けられる点です。介護に携わるご家族の負担も大きく軽減されます。また、施設に入ることで、介護の必要な方は同じような悩みをもつ入居者と交流ができ、孤独感を感じにくくなるというメリットもあります。

施設介護のデメリット

施設介護の最大のデメリットは、費用が高額なことです。有料老人ホームなどに入所すると、月額料金として在宅介護サービスを受ける場合と比べても多額の費用が必要になります。

また、施設は集団生活の場であるため、施設ごとの規則が設けられており、入所者の自由度が低くなることで生活の質が低下したり、他の入所者と人間関係のトラブルが発生したりする恐れがあります。

介護サービス:在宅で利用できるもの

ここからは在宅で利用できる介護サービスの種類とその内容について解説します。

介護サービスとは?

介護サービスとは、要介護、あるいは要支援と判定された方が介護保険を利用して受けることができるサービスです。

介護が必要であるかどうか、どの程度の介護が必要であるかは、自宅への訪問調査を経て、介護認定審査会によって判定されます。その後、介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成した介護サービス計画書にもとづいて介護サービスが受けられるようになります。

介護サービスには大きく分けて3種類あります。在宅の要介護者を訪問して介護する「居宅サービス」と施設に入所した要介護者が受ける「施設サービス」、認知症対応型通所介護など生活圏を離れずに自立生活を営めるように支援する「地域密着型サービス」です。

在宅で利用できる「居宅介護」

ここからは、在宅介護で利用できる居宅サービスについて、それぞれのサービスの内容について解説します。

居宅サービスとは?

居宅サービスとは、介護や支援の必要な方が自宅に住みながら必要に応じて受けられる介護サービスです。大きく分けると「訪問サービス」「通所サービス」「短期入居サービス」があり、それぞれが更に細かく分かれています。これらは、在宅介護におけるご家族の負担を減らしたり、専門的なサービスを受けたりする目的で利用されます。

居宅サービスの種類

居宅サービスの中でも、自宅で受けられる「訪問サービス」について、項目ごとに解説します。

訪問介護

訪問介護は、訪問介護員(ホームヘルパー)などが自宅で生活する介護や支援の必要な方のお宅を訪問し、買いものや掃除などの生活支援をおこなったり、食事や排泄などを介護したりするサービスです。

訪問入浴介護

自力で、またはご家族の介助があっても入浴が困難な要介護度が重い方などを対象に、浴槽を専用車両で持ちこんで入浴サービスをおこないます。

訪問看護

看護師などが訪問し、医師の指示にもとづいて床ずれの手当てなどの医療処置や、医療機器の管理をおこないます。

訪問リハビリテーション

理学療法士などが自宅を訪問してリハビリをサポートするサービスです。

在宅介護における課題

とくに要介護度が高い方を在宅介護する場合など、ほぼ24時間の対応が必要になります。「自分の時間が取れない」という精神的な負担や「介護により腰を痛めた」という肉体的な負担、あるいは「ご家族を介護するために仕事を辞めざるをえなくなる」ことによる経済的な負担などにより、在宅介護を続けていくことに不安を感じる方は多いようです。

こうした負担は、訪問介護などの介護サービスを利用すると軽減されることがあります。介護の必要なご家族の食事は「まごころ弁当」などの宅配サービスを利用すると負担が減るだけでなく、栄養バランスの面でも助けになるでしょう。

在宅介護のメリットまとめ

在宅介護は、介護を要する方が安心して暮らせ、施設介護と比べると経済的な負担が軽いというメリットがあります。反面で、ご家族の精神的・肉体的負担が大きくなりがちな点には注意が必要です。

安心・安全な原材料を使って栄養バランスにも配慮した高齢者向け配食サービスである「まごころ弁当」を利用すれば、食事に関する負担を軽減させられます。無料試食も実施しているので、ぜひ一度お試しください。

記事一覧へ戻る