ご希望のお弁当/食材の種類から探す
  • ご自宅のお弁当
  • オフィス向けのお弁当
  • 施設向けの食材
  • お子様向けのお弁当
【毎月更新!】 最新コラム 最新記事一覧へ戻る

健康ダイエットで肥満予防!宅配弁当のカロリー調整食がおすすめ! 

健康ダイエットで肥満予防!宅配弁当のカロリー調整食がおすすめ! 

ダイエットというと、若い方がスリムなスタイルを目指したいときにすることと考えていないでしょうか?

確かに「ダイエット」には、こういった理由が大半を占めていることも事実ですが、本当は「病気の原因」を防ぐためにするのがダイエットの本質なのです。

特に年齢を重ねることで起こりやすい「肥満」は、多くの病気の原因になりやすい症状です。健康診断で50代を過ぎた頃から「もう少しやせたほうがいいですね」と言われたことのある人も多いのではないでしょうか。

そして「そうはいっても」という気持ちのまま、今日まで肥満を気にしながらも、何もしてこなかったという方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、多くの病気の原因になりやすい「肥満」の予防に効果が期待できる健康ダイエットについてお話していきたいと思います。

ダイエット必須!肥満を放っておいたリスク

肥満は単に体重が増えているだけではありません。今のままの生活を続けながら何もせずに放っておくことで、いずれは次のような病気になる可能性を高めてしまいます。

・糖尿病
・高血圧
・心筋梗塞
・脳梗塞
・狭心症

・脂質異常症
・痛風
・腎臓病

さらに、

・睡眠時無呼吸症候群
・腰痛
・関節痛

どれも耳にされたことのある病気ばかりだと思います。そして肥満を放っておくと、これらの病気にかかりやすいカラダになり、自覚症状を感じる頃になると場合によっては「治療は手遅れ」というケースもあるのです。

しかし、肥満が気になっている今なら、自分のカラダの状態を知り、カラダに合った食生活を作り出しながら継続することで、正しく健康的なダイエットによって、病気になるリスクを軽減することもできるのです。

肥満のタイプを数字で知ろう!

ひとくちに肥満と言っても、自分の感覚で「太っている」と考えている人もいますし、反対に「まだ大丈夫」と思っている人もいます。

そこで感覚ではなく、数字によって肥満度を調べるようにしておきましょう。さっそく、下の式によって「BMI」と呼ばれる「体格指数」を計算してみます。

BMI(体格指数) = 体重(kg) ÷ [身長(m) × 身長(m)]

この計算結果を、以下の表と比較してみましょう。

BMI

年齢(歳)目標とするBMI(kg/m2)
18~4918.5~24.9
50~6420.0~24.9
65~7421.5~24.9
75以上21.5~24.9

出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」
URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08517.html

それぞれの年齢での最適な目標値があります。あなたの計算結果は、目標値内だったでしょうか?それとも目標値よりも多かったでしょうか?もしかすると目標値に届いていない方がいらっしゃる可能性もあります。

このように、感覚ではなく数字によって判断することで、「太っている」と感じていても「適度な状態」ということもありますし、もう少し増やした方が良い人もいます。

反対に「大丈夫」と考えていたけれど、目標値を超えていたという方の場合は、現実的な数字を受け入れていただき、速やかに健康ダイエットを進めるようにしていただきたいと思います。

さて、あなたの現状がわかったところで、肥満にもタイプがあることを知っておいていただきたいと思います。

肥満は「太っている」というだけではなく、見た目は太っていないけれど「隠れ肥満」になっている人もいるのです。

(1)内臓脂肪タイプの肥満

おなかに力を入れて、お肉をつかんでみたときに「つかめない」場合は、こちらの肥満タイプです。
お腹の中で内臓を守る役割を持つ部分に脂肪がついてしまっています。

一般的には、生活習慣病になりやすい脂肪のタイプと言われています。

(2)皮下脂肪タイプの肥満

お肉をつかんでみたときに「つかめた」場合は、こちらの肥満タイプです。
一般的には下半身につきやすく、ダイエットで減りにくいタイプの脂肪だと言われています。

健康への悪い影響が強いのは「内臓脂肪タイプ」ですので、お肉が「つかめない」方は、健康ダイエットの実践を検討されるのが良いでしょう。

ダイエットの目標は少しずつがポイント

ダイエットというと、「1ヶ月で-9kg!」というような広告を見ることがあります。

しかし、健康ダイエットの場合、このような急激な減量はカラダにとって大変負担になりますのでおすすめできません。

まずは目標を少しずつ設定し、続けることが大切なのです。

(1)具体的な目標とは

はじめの頃は「ガツンと減らそう」という人もいらっしゃいますが、適した目標としては「体重の3%」を減らすこと。

例えば、体重が80kgの場合なら、3%なので「2.4kg」減らすことを目標にします。

そして、3%の体重を「3~6ヶ月」かけてやせるように考えましょう。1ヶ月で体重の3%を落とすのではなく、1ヶ月に1kg落とすのを目指しながら、3~6ヶ月で体重の3%減を目指しましょう。

無理なダイエットをすると、長続きしませんし、これまでとは急激に変化した状況によってストレスを溜めてしまうこともあります。

(2)記録しましょう

毎日、何時に何を食べたのか、お風呂へ入る前に体重計に乗って計った数値は何キロだったのかを記録しておきましょう。

普段の生活を記録することで、ダイエットの効果が目に見えてきますし、改善するポイントもわかってきます。

(3)少しずつ実践

ダイエットをはじめると、いきなり食事と運動を改善しようとする方がいらっしゃいます。

これはカラダに負担がかかることもありますので、まずは食事による制限からはじめましょう。

食事と生活が整ってから、徐々に運動を取り入れることで、エネルギー消費も増えて、より健康的なダイエットになっていきます。

ダイエットの間違った方法とは?

では、ここからは生活と食事を整えるダイエットに重点を置いて見ていきたいと思います。

まず、生活と食事を整えるためにダイエットをはじめると、こんな間違いをしてしまう方がいらっしゃいます。

(1)食事を抜く

食べる量を減らすという意味では間違っていないかもしれませんが、食事を抜くことでカラダに必要なエネルギーが不足し、結局は活動量が減りエネルギー消費されないということもあります。

また、食事を抜くと、次に食べるとき「まとめ食い」しがちなので、あまり意味がありません。

(2)短期減量を目指す

先ほども少しふれましたが、短期間に急激な減量をすると、リバウンドが起こりやすくなります。
また、極端な食事制限や急激な運動を同時に行うと、栄養が不足し筋肉が減ってしまうこともあります。

理想は1ヶ月1kgの減量だと考えておきましょう。

(3)○○だけ食べる

一品だけ食べ続ける人がいます。これは栄養バランスが崩れやすくなるため、体重が減ったとしても脂肪ではなく筋肉が減っていたということもあり得るのです。

目指したいのは、脂肪を減らして筋肉はそのままです。

(4)近道を探す

ダイエットに近道はありません。また、これまでの食生活を変えずに、寝ころんだまま減量できる方法もありません。

誰でもできることなら、これまでの生活習慣や食習慣をいっさい変えずに、楽にダイエットしたいと思っていますが、そんな方法はありません。

適切な食事と制限を続けることしか、健康的なダイエットを実現することは難しいのです。

見直したい食生活のポイントとは

少しずつの見直しで、健康ダイエットは実現できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

間食を減らそう

間食を減らすことは、大変効果的な方法です。特に間食で

・お菓子
・ケーキ
・菓子パン
・総菜パン

などを食べる機会が多い方は、脂肪の元になりやすい糖質を減らす意味からも控えるのがおすすめです。

コーヒーなども、カフェオレや「○○フラペチーノ」などではなく「ブラック」が一番ですね。

ちょっとのガマンで大きく変われる

とはいえ、間食したいときもあります。意図せずしてコンビニでランチを買って食べることもあります。

こういう場合、絶対にやめるというのは難しいですし、かなりのストレスが溜まります。

そこで「ちょっとのガマン」を実践しましょう。

例えば、間食にピーナッツを食べるとき、10粒だけ食べるようにします。これならエネルギーを多く取りすぎることはありません。

コンビニでお弁当を買って食べる場合、食品についている成分表示をチェックしましょう。できるだけ炭水化物の少ないものを選び、主食である「ごはん」「麺類」は、「ひとくち残す勇気」を持っておきましょう。

このような「ちょっとのガマン」を続けることで、大きな変化を体感できるはずです。

筋力アップもダイエットの一つ

ダイエットというと体重を落とすことに意識がいきます。これは正しいのですが、体重には「脂肪の重さ」と「筋肉の重さ」があります。

ですから、単純に体重が重いからダメということはなく、どちらの重さが体重の大半を占めているのかが大切です。

そこで覚えておいていただきたいのは、ダイエットをすることで脂肪を減らしながら、筋肉を増やし筋力アップを目指してもらいたいと思います。

というのも、筋力アップするとエネルギー消費がアップします。また筋力アップすると、少しくらいの階段なら上り下りしても疲れないので、積極的に利用するようになります。

無理な筋トレはNGですが、適度に動いて筋力アップも目指しておきましょう。

生活リズムを作りだそう

肥満になりやすい方の中には、生活リズムが整っていない人もいらっしゃるようです。

まずは、決まった時間に1日3食を目指しましょう。
朝食は、一日をスタートするために必要なエネルギーをしっかり補給。
夕食は、食べ過ぎないように注意し、カラダのリズムを作るように心がけましょう。

「食べてない」は食べ過ぎのサインかも

「食べてないのに体重が減らない」という話があります。こういうケースは、多くの場合「食べ過ぎている」ようです。

どうしてこのような気持ちになるのかというと、食事をするときに「無意識で食べている」から。そして「間食が多いから」という理由があります。

20代や30代の頃ですと、このような食事を続けていても基礎代謝量が高いため、肥満になることも少ないですが、年齢を重ねると基礎代謝量が低下してきます。

そうすると、これまでと同じように「無意識」で食べていると、基礎代謝量が減っているので消費されずに余るばかりになるんですね。そして余ったエネルギーは、脂肪となって蓄積されて体重が減らないというサイクルに入ってしまいます。

ですから、これから食事をするときには、次のような意識を持っていただくのが良いかと思います。

・よく噛む
・ゆっくり味わう
・「まだ食べられるかも」で食事を終わる

これだけでも、満腹感が違ってきますのでダイエットに役立ちます。

健康ダイエットをつづける工夫

健康ダイエットをつづけるためには、次のような工夫も必要になってきます。

目標を明確にしよう

人は明確な目標がないと続けることができません。また、手の届きそうな目標でないと「やろう」という気になりません。

小さな目標を立てて、少しずつ実行し「できた」という実感を増やしていきましょう。

モチベーションを持続するためには、仕事でもダイエットでもやることは同じです。

自分ルールを作ろう

モチベーションを維持するためには、自分ルールを作っておくのも効果的です。

例えば、

間食をしてしまったときは、買い物へ行ったら階段を使う。
揚げ物を食べるときは、主食を半分以下にする。

自分なりに続けられそうなルールを作っておくことで、モチベーションを維持できるようになります。

きちんとやりすぎないことも大切

食事に関する制限は、全部を自分だけでやろうとすると大変です。

お家で料理するときも、栄養素を計って献立を作ることばかりでは、疲れてしまうことでしょう。
でも、外食にすると、選ぶのが難しいというストレスが増えるかもしれません。

こういったことを「きちんと自分でやる」のは、良いことなのですが続けることは難しいのが現実です。

そこでおすすめなのが、ダイエットに最適な食事がお家へ届く宅配弁当なのです。
宅配弁当には、カロリーに配慮したものや、たんぱく質を調整したものなどがありますので、あなたのダイエットに合わせて選ぶことができます。

選んだ後は、ご自宅へお弁当が届きますので、栄養成分量や栄養バランスを考えて調理する必要はありません。届いたお弁当を安心して食べていただくだけなので、かなりのストレスや面倒な献立を考えることから解放されることでしょう。

私たち「まごころ弁当」の場合ですが、原材料からこだわり、栄養バランスなどに配慮したお弁当を毎日、日替わり献立でお届けしています。

お弁当には、
・普通食
・カロリー調整食
・たんぱく質調整食

などをご用意しておりますので、あなたのカラダに合わせた制限食を選んでいただけます。週に2~3日のご利用でも、ゆっくりしたい週末だけのご利用でも喜んで承ります。

あなたのライフスタイルに合わせて、お気軽にご利用を検討いただけますと幸いです。また、今なら「無料試食キャンペーン中」ですので、実際のお弁当を試していただくことができます。お気軽にお申し込みください。

健康ダイエットで肥満を改善しよう

病気の原因になりやすい「肥満」。少しでも気になっているのなら、一日でも早く健康ダイエットをスタートしていただきたいと思います。

肥満は放っておいても改善しません。放っておくことで病気を引き寄せる可能性だけが高くなります。

今回の内容を参考にしながら、無理なダイエットではなく、健康的なダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

記事一覧へ戻る