ご希望のお弁当/食材の種類から探す
  • ご自宅のお弁当
  • オフィス向けのお弁当
  • 施設向けの食材
  • お子様向けのお弁当
【毎月更新!】 まごころコラム 最新記事一覧へ戻る

高齢者の入浴介助|準備から注意点について解説

高齢者の入浴介助|準備から注意点について解説

入浴は、体を清潔に保つだけでなく、血行促進などの健康効果も期待でき、なにより気持ちいいものです。しかし、入浴介助が必要な方はもちろん、一人でお風呂に入れる高齢の方も、入浴する際は注意が必要です。

この記事では、高齢の方が安全に入浴するための方法について解説していきます。高齢の方の入浴の参考にしてください。

入浴介助とリラックス効果

入浴は、体を清潔に保つだけでなく、高齢の方の健康維持にも役立ちます。実際、入浴頻度の高い高齢の方ほど要介護リスクが下がるといわれています。入浴時、浴槽に浸かることで血流が促進されます。それによって、脳への血流がよくなり認知症の予防が期待できます。

また、入浴によるリラックス効果で副交感神経が優位になり、質のよい睡眠が得られます。このことは、うつ病の抑制にもなるといわれています。そのほか、体に熱ストレスがかかることでヒートショックプロティンが増加し、傷んだ細胞の修復促進につながります。

高齢者の入浴は半身浴がおすすめ

健康維持にプラスに働く入浴ですが、肩まで浸かる全身浴は水圧がかかるため、高齢の方にとっては心臓への負担が大きくなります。そのため、高齢の方が入浴する際は、半身浴がおすすめです。半身浴は、みぞおちから下の部分のみお湯につかるため、心臓や肺に水圧がかからず、全身浴よりも体への負担がかかりません。

また、お湯の温度は体温より少し高いくらいの38~40度ほどがよいでしょう。ただし、高齢の方の入浴前には、体温や脈拍、血圧などに異常がないか確認することが大切です。

高齢者の入浴準備

高齢の方が安全で快適に入浴するためには、介護用品を用意するなど、入浴前にも準備が必要です。ここでは、高齢の方の入浴をサポートするための事前準備について解説します。

入浴環境を見直す

脚力が落ちている、視力が悪いなどの理由から、高齢の方の入浴では、思わぬことがけがや事故につながる可能性があります。入浴介助をする場合も、十分なスペースがなければ介助者の腰やひざなどへの負担が大きくなってしまうことも考えられます。

浴室・脱衣室に余計なものを置かない、すのこや滑り止めマットなど必要な器具を利用する、浴室と脱衣所の気温差を解消するなど、入浴環境を見直すことが重要です。

浴槽用手すり

浴槽をまたごうとした際に、バランスを崩して転倒しないよう、浴槽に取りつける「浴槽用手すり」を活用しましょう。高齢の方が握りやすく力を入れやすい場所に設置することで、入浴をサポートできます。高齢の方の安全を確保しつつ、自分でできることは自分でやってもらうことで、日常生活動作(ADL)の維持につながります。

浴槽内いす

浴槽内で立ったり座ったりの負担が大きい場合は、浴槽内に置いて使う浴槽内椅子(浴槽台)の利用がおすすめです。また、自力で歩くことが難しい場合は、部屋から浴室まで座って移動できる入浴用車いす(シャワーキャリー)を利用したり、歩けるが脚力に不安がある場合は入浴用いす(シャワーチェア・シャワーベンチ)を活用したりするのもおすすめです。

すのこや滑り止めマット

脱衣所と浴室の入り口に段差がある場合は、すのこなどを利用して段差を解消してください。高齢の方が自分で浴室に入る際も、入浴用車いすで移動する際も便利です。また、浴室内の床が滑りやすい場合は、滑り止めマット滑を利用するとよいでしょう。浴槽内に敷く滑り止めマットもありますので、不安な方は利用することをおすすめします。

入浴の手順と注意点

入浴環境が整ったら、実際に入浴を行います。その際も、事故がないよう入浴手順に気をつけることが大切です。ここでは、高齢の方が安全に入浴するための入浴手順と注意点を解説します。

入浴前の注意ポイント

高齢の方が入浴する際、入浴介助をする方やご家族は「その方が入浴しても大丈夫な状態か」を確認する必要があります。まずは、入浴前の注意ポイントを解説します。

食前と食後は避ける

高齢の方に限ったことではありませんが、食前の空腹状態で入浴すると、水分不足や血糖値の低下、貧血やめまいなどを引き起こす可能性があります。また、食後すぐに入浴すると、消化のために胃に集まるはずの血液が全身に循環してしまい消化不良を起こします。そのため、食前と食後すぐの入浴は避けるようにしましょう。

トイレを事前に済ます

衣服を脱ぐことで体が冷え、腸が刺激されてしまう高齢の方も多いです。自宅のお風呂は家族も利用するものですから、衛生面を考えるとトイレを済ませてから入浴するようにしましょう。ただし、居室とトイレ、浴室に気温差があると体に負担がかかりますので室温には気をつけてください。

体の状態をチェック

体調が悪いにもかかわらず入浴することで、さらに体調を悪化させてしまう可能性があります。入浴前には体温、血圧、脈拍などのバイタルチェックを行いましょう。高齢の方ご本人が大丈夫といっている場合でも、血圧が高すぎる、発熱がある、脈や呼吸が早い、顔色が悪い、表情が暗いなど、いつもと異なる様子がみられたら、入浴は控えるようにしてください。

脱衣室と浴室を温めてヒートショックを防止

居室と脱衣所、浴室に気温差があると、血圧や脈が変動して心臓や血管に負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性があります(ヒートショック)。これを防ぐために、脱衣所と浴室は入浴前に温めておくようにしてください。冬は特に気をつけ、室温は25度くらいを目安にするとよいでしょう。

転倒防止など安全に配慮する

衣服を脱ぐ際、かがんだり片足立ちになったりすることで不安定になり、転倒することがあります。打ちどころが悪ければ大けがにつながる可能性もありますので注意が必要です。脱衣所に椅子を用意し、着席した状態で衣服を脱げるようにするなど、入浴前も転倒防止など安全への配慮を行いましょう。

とはいえ、多少時間がかかっても自分でできることは自分でするよう、入浴介助者はサポートを心がけるようにすることをおすすめします。

入浴中の注意ポイント

入浴前だけでなく、お湯をかける順番や入浴時間、お湯の温度など、入浴中も注意が必要です。ここでは、入浴中の注意ポイントを解説します。

お湯は足元からかける

体に負担が少ないよう、いきなり体にお湯をかけるのではなく心臓から遠い足元からお湯をかけていきます。シャワーの温度は38~40度を目安に設定し、必要があれば入浴介助者のひじの内側などで確認してください。入浴する高齢の方の体が温まったら、頭や体を洗います。入浴用いすを使用する場合は、着席前にいすを温めるようにしましょう。

入浴時間

入浴時間は10~15分を目安にし、浴槽に浸かる場合は5分程度にとどめます。それ以上の入浴を続けると、体温が上昇して熱中症になったり、のぼせやめまいなど意識障害を引き起こしたりする可能性があるので長時間の入浴は避けましょう。全身浴に比べて半身浴は体温上昇が緩やかですが、10~15分を目安に入浴するのが安心です。

熱い温浴は避ける

熱いお湯で入浴をすると、血流が急激に活性化して心臓に負担がかかります。また、熱いお湯は副交感神経を刺激するため活力が出たような気になりますが、その後の疲労感につながります。そのため、高齢の方は熱いお湯での入浴は避けてください。夏の暑い時期や血圧の高い方の入浴では、38度などぬるめの温度がおすすめです。

入浴後の注意ポイント

気持ちよい入浴のためには、入浴後も注意が必要です。ここでは、安全に入浴できるよう、入浴後の注意ポイントを解説します。

浴槽から急に立ち上がらない

浴槽から出る際は、急に立ち上がらず手すりなどを使ってゆっくり立ち上がりましょう。入浴中は体に水圧がかかっていますが、お湯から出ることによってその圧力がなくなります。すると、血管が一気に広がり脳へ循環する血液量も少なくなり、脳が貧血状態を起こす場合があります。これにより、一時的に意識障害を引き起こす可能性もありますので注意してください。

転倒予防のために足の裏を拭く

濡れた浴室や脱衣所の床は滑りやすく危険です。入浴後は転倒防止のために最初に足の裏を拭くようにしてください。また、水滴は上から下へと流れ落ちていきますので、足の裏を拭いたらできるだけ早めに頭や体も拭きましょう。体についた水滴を早めに拭いて衣服を着ることで、湯冷めを防ぐこともできます。

入浴中の異常と対処・処置

入浴中に異常を感じた場合は、大きな事故にならないよう浴槽の栓を抜き、声を出して助けを求めます。入浴介助者は高齢の方がお湯の中で窒息しないよう浴槽内から救出し、状況に応じて救急車を呼びましょう。肩をたたいて声をかけても反応がない場合は呼吸を確認し、呼吸していない場合は直ちに心臓マッサージと人工呼吸を開始してください。

人工呼吸ができない場合は、救急車が到着するまで胸骨圧迫を続けましょう。

入浴介助のまとめ

入浴は気持ちのよいものです。介護が必要な高齢の方も、ご家族などのサポートを受けて安全を確保しながら入浴しましょう。しかし、在宅介護を行うご家族は、入浴介助のほかにも食事や日常生活の介護など負担がかかります。その負担軽減のため、食事面は宅配弁当を利用してみてはいかがでしょうか。

食事面をサポートする宅配弁当なら、まごころ弁当の利用がおすすめです。カロリーやたんぱく質を調整したお弁当など高齢の方の希望や状態に合わせて豊富なメニューから美味しいお弁当を選べます。無料試食もありますのでまずはお試しください。

記事一覧へ戻る