ご希望のお弁当/食材の種類から探す

  • ご自宅のお弁当
  • オフィス向けのお弁当
  • 施設向けの食材
  • お子様向けのお弁当

老人ホームの食事・弁当にも最適|高齢者向け配食サービスまごころ弁当

【毎月更新!】 まごころコラム 記事一覧へ戻る
きざみ食のレシピを紹介!重要ポイントや簡単レシピまで解説

最近、親の噛む力・飲み込む力が弱くなったと感じている方はいらっしゃいませんか?
本記事では、高齢者におすすめのきざみ食のレシピを紹介します。
きざみ食を作る際の注意点も解説する他、忙しい方でも作りやすい簡単レシピをあわせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

きざみ食とは

きざみ食とは、普通の食事を高齢者の食べやすいように細かくきざんだ食事のことです。
介護食の一種で、食べる方の噛む力・飲み込む力に合わせた大きさに切ります。
食べる能力に応じて、1〜2cm角からみじん切りまで調整してあげましょう

きざみ食は、飲み込む力はあるが、噛む力が弱くなった方に向いています。
歯の病気を抱えている方や口を開けるのが難しい方にもおすすめです。

きざみ食は、食べ物をミキサーにかけて作るミキサー食などに比べ、元の食材の原型があるため見た目が悪くなく、食欲の低下を防いでくれます。一方で食べ物を細かくきざむ手間と時間がかかります。

きざみ食を作る上でのポイント

きざみ食を作る際に気をつけたい重要なポイントを2点紹介します。

単にきざむだけではいけない

普通の食事をただ細かくきざんだだけだと、食材が口の中でまとまりにくく、かえって食べづらくなってしまいます。誤嚥の原因になったり、歯と歯の間に挟まって虫歯になることもあります。
元の食事が、水分を多く含むものや柔らかいものであれば心配は不要ですが、そうでなければ以下の対策を取りましょう。

調理方法を変える

キャベツの千切りは味噌汁に入れる、とんかつは卵とじにするなど水分を含む調理方法にする。

とろみをつける

水溶き片栗粉やとろみ剤を使ってとろみをつける。

調理器具を清潔に保つ

まな板や包丁などの調理器具を清潔に保ちましょう。普通の食事よりも細かくきざむきざみ食は表面積が増えるので、細菌がつく可能性が高いです。高齢者は免疫力が低いので、頻繁に消毒・殺菌することが大切です。

時短でできるレシピ

以下、短時間でできるレシピを5つ紹介します。
10分以内で作れるものばかりなので、時間がないときでも簡単に作れます。

親子丼

材料(2人分)

・鶏肉 140g
・玉ねぎ 1/4個
・ネギ 少々
・卵 2個
・ご飯 400g
・出汁 180mL
・みりん 30mL
・濃口しょうゆ 30mL
・砂糖 小さじ1

作り方

1)鶏肉は2cm角にカット、玉ねぎは5mm幅にスライスし、ネギは小口切りにする。
2)鍋に出汁としょうゆ・みりん・砂糖を入れてひと煮立ちさせる。
3)2)に鶏肉と玉ねぎを入れ、加熱する。
4)鶏肉に火が通ったら溶き卵を回し入れる。
5)ご飯の上に4)をのせてネギを散らせば完成。

※参考
誰でも介護食レシピ|介護にプラス ライブ プラス ドゥ

豚肉の生姜焼き

材料(2人分)

・豚ロース 6枚
・片栗粉 少々
◎濃口しょうゆ 50mL
◎料理酒 50mL
◎みりん 50mL
◎砂糖 小さじ1
・サラダ油 大さじ1
・塩とコショウ 少々
・おろし生姜 適量

作り方

1)豚ロースに塩コショウをして片栗粉をまぶす。調味料(◎)と生姜を合わせておく。
2)フライパンに油をひき、豚ロースを両面焼き目がつくまで焼く。
3)豚ロースをフライパンから取り出し余分な脂分を捨てる。
4)豚ロースと1)で混ぜた調味料をフライパンに入れて弱火にかける。
5)調味料にとろみがついてきたらお皿に盛りつけて完成。

※参考
誰でも介護食レシピ|介護にプラス ライブ プラス ドゥ

豚ミンチとカブのあんかけ旨煮

材料(2人分)

・豚ミンチ 100g
・カブ 2個
・カブの葉 2個分
・出汁 240mL
・薄口しょうゆ 20mL
・みりん 20mL
・砂糖 小さじ1
・片栗粉 小さじ1

作り方

1)カブは小さめのくし切りにする。カブの葉は2cm幅にカットする。
2)出汁を鍋に入れてカブを煮る。
3)煮立ったら火を止めて豚ミンチを入れてほぐし、さらに煮る。アクが出てきたら取る。
4)カブに火が通ったらカブの葉を入れる。
5)カブの葉がしんなりしてきたら水で溶いた片栗粉を入れて混ぜ、あんにして完成。

※参考
誰でも介護食レシピ|介護にプラス ライブ プラス ドゥ

塩鮭の大葉和え

材料(1人分)

・甘塩鮭の切り身 1切れ(70g)
・大葉 2g
◎水 100g
◎料理酒 5g

作り方

1)大葉を粗みじんにし、鮭を◎に10分浸す。
2)鮭の水分を拭き取り7分ほど蒸す。
3)鮭に火が通ったら飲み込める大きさまでほぐす。
4)大葉を混ぜて完成。

※参考
刻み食レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

かぼちゃと玉ねぎのマヨネーズサラダ

材料(1〜2人分)

・玉ねぎ 50g
・ゆでかぼちゃ 50g
◎マヨネーズ 10g
◎酢 5g
◎コショウ 少々

作り方

1)玉ねぎを耐熱容器に入れ、500Wのレンジで1分加熱する。かぼちゃと一緒に潰すように混ぜる。
2)1)に◎を加えて和える。
3)固い部分はさらに潰し、味を調えて完成。

※参考
刻み食レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

家庭にあるものでアレンジできるレシピ

以下で、家庭にあるものをアレンジして作れるレシピを5つほど紹介します。冷凍食品や缶詰を利用して簡単に作れるので、ぜひ参考にしてみてください。

サバと豆腐のハンバーグ

材料(3〜4人分)

・サバの水煮缶 1缶(150〜200g)
・絹ごし豆腐 100g
・卵 1個
・小麦粉 大さじ2
・塩コショウ 少々
・サラダ油 適量

作り方

1)豆腐とサバの水気をよく切り、ボウルに入れる。
2)1)に卵、小麦粉、塩コショウを入れ、よく混ぜる。
3)サラダ油をひいたフライパンに、2)を4等分して小判形にまとめたものを弱火で焼く。
4)きつね色になったら完成。

※参考
「おいしい」をあきらめない!家庭で作れる介護食|みんなの一歩

トマトのゼリー

材料(2人分)

・トマトジュース 190mL(1缶)
・砂糖 小さじ2
・ゼラチン 4g
・レモン汁 小さじ1

作り方

1)ゼラチンを水でふやかす。鍋にトマトジュースを入れ、沸騰直前まで加熱する。
2)火を止め、砂糖と水でふやかしたゼラチンを入れよく混ぜる。
3)粗熱が取れたらレモン汁を加え、冷蔵庫に入れて冷やし固めて完成。

※参考
「おいしい」をあきらめない!家庭で作れる介護食|みんなの一歩

ピラフおじや

材料(1人分)

・冷凍のエビピラフ 100g
・水 100〜200mL
・葉ネギ 10g
・卵 ½個
・しょうゆ 適量

作り方

1)エビピラフのエビを細かくきざむ。コーンなどの食べにくいものは取り除く。
2)葉ネギは小口切りにする。
3)鍋に水と冷凍のエビピラフを入れて加熱する。
4)水分がとんだら葉ネギを加える。お好みでしょうゆを垂らす。
5)溶き卵を加え、ひと煮立ちさせたら完成。

※参考
「おいしい」をあきらめない!家庭で作れる介護食|みんなの一歩

おかゆとにんじんのグラッセ

材料(2人分)

おかゆの材料
・無洗米 60g
・水 300mL
にんじんのグラッセの材料
・にんじん ½本
・砂糖 小さじ2
・バター 小さじ2

作り方

おかゆの作り方
1)無洗米に水を加えて30分浸す。
2)ビニール袋に1)を入れ、空気を抜きながら袋をねじって上の方をしばる。
3)98℃に予熱した電気ポットに2)を入れ、45分ほど加熱して完成。

にんじんのグラッセの作り方
1)にんじんの皮をむき、7mm幅の輪切りにする。
2)ビニール袋に1)と砂糖・バターを入れ、空気を抜きながら袋をねじって上の方をしばる。
3)98℃に予熱した電気ポットに2)を入れ、35分ほど加熱して完成。

※参考
「おいしい」をあきらめない!家庭で作れる介護食|みんなの一歩

パングラタン

材料(1人分)

・レトルトのシチュー 1袋(100g)
・8枚切りの食パン 1枚
・牛乳 50g
・ピザ用チーズ 10g
・粉チーズ 3g

作り方

1)チーズを細かく刻む。パンは一口大に切る。
2)グラタン皿にパンを入れ、牛乳で浸す。
3)2)にシチューをかけ、ピザ用チーズと粉チーズをかける。
4)240℃に予熱したオーブンで8分ほど焼いたら完成。

※参考
【10分でパパッと介護食】市販品のアレンジで栄養満点「グラタン」|介護ポストセブン

混同されやすい「ミキサー食」とは

ミキサー食とは、高齢者が食べやすいように食べ物をミキサーにかけ、ポタージュ状にした食事のことです。
なめらかな食感なので噛む力・飲み込む力が弱い方におすすめです。
水分が多いとのどに流れこみすぎてしまい誤嚥を引き起こしかねないので、粘度はポタージュ状を目安にしましょう。さらさらしすぎていると感じたときは、とろみをつけるとよいです。

参考までにミキサー食のレシピを1つ紹介します。

かぼちゃのポタージュ

材料(2人分)

・かぼちゃ 80g
・じゃがいも 60g
・玉ねぎ 50g
・牛乳 200mL
・水 100mL
・コンソメ 少々
・塩 少々

作り方

1)じゃがいもは洗って皮をむき4等分に切る。かぼちゃと玉ねぎは皮をむいて4等分に切る。
2)鍋に水を入れ、1)を入れて柔らかくなるまで煮る。
3)2)に牛乳、コンソメ、塩を入れて温め、ミキサーにかける。
4)カップに盛りつけて完成。

※参考
ミキサー食の作り方のポイント・おすすめレシピ|健康長寿ネット

まとめ

きざみ食とは、普通の食事を細かくきざんだ食事のことです。
ただ細かくきざんだだけではバラバラになって食べにくいので、とろみをつけたり水分を多めにするなど口の中でまとめやすいように工夫する必要があります。

介護食は、手作りすることやレトルト商品を購入することもできます。しかし、なかなか手間がかかったり、飽きやすくなったりもします。
シルバーライフの宅配弁当「まごころ弁当」は、これらの課題を解決する以下のメリットがあるのでおすすめです。

・栄養バランスに配慮した日替わりの献立
・毎日毎食ごとにお届けしている
・電話一本で注文を受け付けている

介護食の準備に負担を感じているなら、まごころ弁当の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

高齢者向け配食サービスまごころ弁当|ご自宅での食事・弁当にも最適

記事一覧へ戻る