ご希望のお弁当/食材の種類から探す
  • ご自宅のお弁当
  • オフィス向けのお弁当
  • 施設向けの食材
  • お子様向けのお弁当

老人ホームの食事・弁当にも最適|高齢者向け配食サービスまごころ弁当

【毎月更新!】 まごころコラム 記事一覧へ戻る

高齢者の嚥下障害について|原因・危険性・対処法まで詳しく解説

高齢者,嚥下障害

最近親が食事の際によくむせるようになってきた、飲み込むのがつらそう、と感じるときもある。高齢になると嚥下障害という症状が出ると聞き心配になってきた、という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、嚥下障害が起こると、どんな症状が現れるのか、原因は何か、嚥下障害の危険性、対処方法について詳しく説明します。
嚥下障害を起こさないように気をつけてあげることで、高齢のご両親が心から食事を楽しめるようにしましょう。

目次

    嚥下障害とは?

    嚥下障害(えんげしょうがい)とは、嚥下(食べ物を噛むこと、唾液や食べ物を飲み込むこと)ができにくくなる障害のことです。嚥下障害を患うと誤嚥性肺炎を引き起こす危険性があり、高齢者の命にかかわることもあります。
    それでは、嚥下障害の症状にどのようなものがあるのか、詳しく解説します。

    嚥下障害の症状

    嚥下障害にはいくつかの症状があります。主な嚥下障害の症状は以下の5つです。これらの症状が出たら、病院で正しく診断してもらい、誤嚥を防ぎましょう。

    食事中にむせる

    水分を一度にたくさんとってしまうとむせてしまいます。特に味噌汁など、具が入った飲み物はむせやすいので注意が必要です。水分をあまりとらなくなると脱水症状につながるので、一度に口に含む量を調節しながら水分をとるようにしましょう。

    食べ物が飲み込めない

    野菜などよく噛まないと飲み込めないような硬い食べ物ではなく、麺類などあまり噛まなくても飲み込める柔らかいものを好むようになったら要注意です。バランスよく栄養を摂取しないと免疫力が低下し風邪など病気にかかりやすくなってしまいます。これを防ぐためにも、硬い食べ物はミキサーにかけたり煮たりして柔らかくし、栄養バランスに気を配りましょう。

    よだれが出る

    嚥下障害を患っている人は飲み込むことができにくく、食べ物の飲み込みだけでなく、自身の唾液を飲み込むことが難しくなり、その結果よだれが出ます。

    食べ物が口からこぼれる

    上記のように、嚥下障害を患っている人にとって食べ物を飲み込むこと、噛むことが難しくなってきます。飲み込み切れず・噛み切れずに食べ物が口の中に残ってしまう結果、食べ物が口からこぼれてしまいます。このような場合、一度に食べる量を減らすなど工夫してみましょう。

    食事の後で声がかれる

    食べ物を飲み込んだ後に声がかれる、声がガラガラになる、という症状もよく見られます。これは、食べ物を噛み切れずに口の中に残るため、痰が絡みやすくなることが原因です。

    嚥下障害が引き起こす誤嚥性肺炎とは?

    誤嚥性肺炎とは、嚥下障害が原因でかかる肺炎の一種です。食べ物を飲み込むとき、筋肉が正常に働いていればその筋肉が気管につながる部分を閉じてくれるため、食べ物が胃に運ばれます。しかし嚥下障害を患っている場合、唾液や食べ物が誤って気管に入ってしまいます。その結果気管内で炎症が起こり、高熱・激しい咳などの症状が現れます。

    誤嚥性肺炎の症状

    誤嚥性肺炎の場合、普通の肺炎のような高熱・激しい咳・呼吸困難・肺雑音・黄色く濃い痰などの症状がはっきりと現れないことが多々あります。誤嚥性肺炎が進んでいても症状が軽いことが多く、重症化して初めて気づく、という場合も少なくありません。

    また、一度誤嚥性肺炎を患うと繰り返しかかってしまう危険性もあります。最近元気がないな、唾液や食べ物を飲み込む力弱ってきている、などの症状が少しでも現れたら、誤嚥性肺炎を疑い、受診することを強くおすすめします。

    嚥下障害の原因

    嚥下障害の原因には、大きく分けて「器質的原因」「機能的原因」「心理的原因」の3つがあります。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

    器質的原因

    器質的原因とは、口や食道などの構造に奇形がある、というような解剖学的な原因のことです。嚥下に必要な器官に先天的または後天的な異常がある場合、つまり食道に障害物がある、口内に腫瘍があるなどの異常がある場合、正しく飲食ができず嚥下障害になることがあります。また、入れ歯や差し歯、虫歯による歯の欠損が原因で嚥下障害になる恐れもあります。

    機能的原因

    器官の構造そのものには異常はないが、それらの器官を動かす筋肉や神経に異常がある場合です。脳卒中やパーキンソン病、薬の服用が原因となることもあります。また、歳を取るにつれ噛む力・飲み込む力が衰えてくることで、飲み込んだ際に気管を閉じにくくなり嚥下障害になる場合もあります。

    心理的原因

    うつ病のような精神病、身近な人の死による食欲不振など、心因性の原因がこれにあたります。これらの疾患の治療として服用する薬によって、唾液の分泌を抑えたり嚥下を抑制する副作用が生じ、結果的に嚥下障害を患うことも少なくありません。

    嚥下障害の対処法

    実際に嚥下障害になった場合にどのように対処するのが適切なのでしょうか?
    対処方法・予防方法について、詳しく解説します。

    誤嚥してしまったときの対処方法

    誤嚥をしてしまった場合は、まず第一に食べ物を取り出す必要があります。食べ物が食道を通って胃に直接運ばれずに気管に詰まってしまうと、窒息の危険性があるからです。本人に意識がある場合は以下のように対処しましょう。意識がない場合は、一刻を争う事態です。すぐに救急車を呼びましょう。

    本人に意識がある場合

    意識がある場合はまず強く咳をしてもらい、詰まってしまった食べ物を取り除くように指示します。咳をして取り出せないときは、口の中に指を入れるか、背中をたたいて取り出します。

    背中をたたいて取り出す場合、まずは助けを必要としている人をうつむかせ、片手をへその少し上あたりに据えて、もう片方の手で肩甲骨の間を数回強く連続的にたたきましょう。詰まったものが出てきたら取り出します。

    本人に意識がない場合

    意識がない場合は直ちに救急車を呼びましょう。救急隊員の指示を焦らずに聞き、実行しましょう。

    嚥下障害の予防方法

    次に、嚥下障害の予防法について解説します。以下の2点に気を付けて、嚥下障害を未然に防ぎましょう。

    食事の際の姿勢に配慮しましょう

    嚥下障害を予防するためには、誤嚥を防ぐ正しい姿勢で食事をとることが重要です。

    椅子に座って食事をする場合は、深く腰を掛けた状態で足が床につき、ひざが90度に曲がるように椅子の高さを調節します。テーブルの高さは、軽く前かがみになった状態で手をテーブルに乗せたときにひじが90度に曲がる程度に調節しましょう。クッションを頭や背中の後ろに入れると姿勢が安定します。

    車椅子の場合はリクライニングを45~90度に調節し、足はなるべく床につくようにします。ベッドの上で食事をする場合も、リクライニングの角度を45~80度に調節し、ベッドと腰の間に隙間ができないように姿勢を整えます。足は軽く曲げ、下にクッションを入れて安定させましょう。
    正しい姿勢で食事するだけで気管に食べ物が入らず、嚥下障害になる確率をぐっと下げることができます。

    食事の内容に配慮しましょう

    食べ物を噛むこと・飲み込むことが難しくなる嚥下障害を防ぐもう一つの方法は、食事の内容を工夫することです。食べやすくすると飲み込みが楽になり誤嚥防止につながります。その工夫として以下の3つが挙げられます。

    1)食べ物をできるだけ柔らかくする
    キャベツやかぼちゃ、ごぼうのような硬い野菜は柔らかくなるまで十分煮込みましょう。つみれや肉団子も柔らかく食べやすい食べ物と言えます。

    2)普段の食べ物にとろみをつける
    飲み込みやすくするために、片栗粉やコーンスターチなどを加えて普段の食べ物にとろみをつけましょう。ポタージュ程度のとろみがついていると飲み込みやすく、食べ物が気管に誤って入ってしまう誤嚥を防ぐこともできます。

    3)食べ物をゼリー状にして水分を含ませる
    高齢者は唾液の分泌量が低下しているため、ぱさぱさしたビスケットのような食べ物は食べにくいものです。ゼリーや水ようかんなどゼリー状の食べ物を与えることで口の中が潤い、飲み込みやすくなります。

    まとめ

    高齢者が食べ物を噛みにくく・飲み込みにくくなると、嚥下障害を患っている可能性があります。嚥下障害は誤嚥性肺炎を引き起こすことがあり、命が脅かされる危険性もあります。

    嚥下障害を防ぐためには食事の内容に気を配ることが大事です。とはいえ、毎日高齢者用の食事を準備するのは大変です。そんなときに宅配弁当を利用すると、その大変さを取り除けます。宅配弁当の「まごころ弁当」は、高齢者が食べやすいような食品を使った、日替わりのお弁当です。宅配サービスをうまく利用して高齢者のご両親に食事の時間を心から楽しんでもらいましょう。

    宅配弁当サービス「まごころ弁当」に興味のある方はこちら
    老人ホームの食事・弁当にも最適|高齢者向け配食サービスまごころ弁当

    高齢者の方に向けて、仕出し弁当をご検討されている方には、まごころ弁当の宅配サービスがおすすめです。「カロリー調整食」「ムース食」など、高齢者に合わせた種類・味付けのお弁当を用意しております。

    高齢者向け配食サービスまごころ弁当|ご自宅での食事・弁当にも最適

    関連記事

    記事一覧へ戻る